2005年02月15日

第23回『男女のスカートファッション』

第23回『男女のスカートファッション』
http://plaza.rakuten.co.jp/mensskirt/
(携帯はこちら)

まぁ、一般的には衝撃?笑劇?なブログの一つ。
管理人さん(男性)のスカート姿が堂々と公開されています。

最初は、写真を見て驚いたのと共に、よく居る「休みの日に趣味で女装−」という類の方かと思いました。

でも、ブログ読んで見ると、そうじゃなく。普段から常にスカート?
会社もスカートで、なんだろうなぁ〜。


でも、考えてみれば本来の姿。
スカートって元々は男性用の衣装だったんですからね。

私は、こういうファッションも全然良いと思う。
すね毛が見たいかどうかは別にして(笑)


このブログの見所は、やはりスカートに掛ける執着心。
いかにスカートが良い物か、いかにスカートに情熱を感じているか、本当に切々と書かれています。


よく、混同されている方がおりますが、ゲイとは全く別物です。

ゲイの方の多くは、「男性として」男性を愛しています。中には男性を愛する余りに女性化する方も多いですが、基本は「男性が好き」という事。

女性化するゲイの方の大半は、むしろ性同一障害という部類に近いと思います。「女性として男性を愛する人」達。

そして、今回ご紹介の「女装癖」というのは、上記2つとは全く異なります。「男性として、女性を愛している」点において、ノーマルの方々と同一なのです。ただ一点、女性を愛しすぎるが為に、自ら女性と同一化したいと願い、女装に走る、という訳。

しか〜し。ここで一つ、疑問。女性用パンツルックには興味ないのかな?
どうも、この管理人さんはどれにも当てはまらない気がするんですよ。男性として女性を愛している、でもスカートを履く。一見女装壁に見えますけど、別に髪の毛を伸ばしたり胸を作ったりしてる訳では無く、服も「女装」が目的ではなくただただ「スカート」。その一点のみに絞られている。

単なるスカート愛好家、なんですよね。(今の所はw)
posted by しおん at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ・ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://plaza.rakuten.co.jp/mensskirt/
http://yusayusa.at.infoseek.co.jp/

ちなみに、ホームページは2つあります。

会社も本来スカートで行きたいのですが、訳ありで会社だけはズボンです。
訳というのは、工場なのですぐに作業着になるというのと、汚れるからという理由です。
もう一つ、叔父が取締役で、叔父の顔を潰す訳にはいかないので。

会社以外はスカートオンリーです。(特例を除く)

仰るとおり、どれにも当てはまらないです。
女性がパンツを穿くのと同じですよ。
男性がスカートを穿く。ただ、それだけです。
スカートが死ぬ程大好きなので、スカートしか穿きたくないだけです。

女性用パンツルックは素敵ですよね。
ズボンを穿く時は、女性用を穿きます。

私ね、ウエストからヒップにかけて、女性体型なのです。
ウエストがくびれています。
だから、女性物が体にヒィットして穿き心地が最高なんです。

衣服は女性物って最高ですよ。
マイナスイオンがでるものはあるし、香りカプセルが封入されているし、裏地があって着心地良いし、もう最高です。
男物なんて着れないですよ。

だから、スカートが大好きです。
ずっっっとスカート愛好家のままですよ。

スカートに執着します、笑。

最後に、宣伝して下さり、本当にありがとうございます。
私のスカート写真も置いて下さっていいですよ。
置いて下さるとありがたいです、笑。
Posted by (スカート大好きな)和美 at 2005年02月16日 03:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。